なにも具に語らなくたって

明かさなくたって

いいんじゃないの別に

 

交わす言葉に、すれ違う思いで

壊れちゃうってことも

あるじゃないの、時に

 

変わらない馴染みの町通りを

違って見せるのは、なにか

 

夜の“静か”に耳をすませば

透き通っていくよ

透明に

 

夜は黒でも、灰でも、青でもなくて

透き通っているよ

透明に

 

夜が優しく君を包むよ

透き通っいてくよ

透明に

 

澄んでいく