わからなくなってただ針落として

回らなくなってじきに日が落ちて

視界を失くして意識も落として

転がり込んだのさ

自由自在

いつだったかの時代の記憶の欠片を

縦横無尽に駆けずり回り

未来も宇宙もまるでチューインガムみたいにさ

一緒くたにして転がしていくのさ

自由

 

本当と幻想の上を

 

滑っては登る繰り返す何度も

混ざっては溶けて塗り変わる感情

煩悩の数を指折り数えて笑って

漏れ出した穴を塞いでは剥がして回る

肺にたまって、もう吐き出すだけの

煙のようにあやふやとして

上も無く、下も無く、形無く、命無く、

彷徨い、転がっていくのさ

自由

 

本能と欲望の上を

 

伸びゆく影が運河のように街を満たす

信号とテールランプがビルの谷間を照らす