たくさんの人がそれぞれにあちこちで

朝に昼に夕に君の歌を聴いている

自分の中で確かめることしかできない

感情の隙間を埋めるように

 

今も、いつも、響きつづける

ひとつ、ふたつ、繰り返される

音の中で踊る姿どこかに見えてるんだ

 

今も、いつも、響きつづける

ひとつ、ふたつ、刻まれている

音の中で踊る姿僕には見えてるんだ

 

わかることが増えて、わからないことはもっと増えて

わかりようのないことはそのままに、流れるに任して

たんたんと過ぎる日々の生活の中でみんな

君の歌少し歌い、少し笑う

 

明日からの世界の色は

今はなにもわからないけど

あの日見えた影追いかけ歩いてゆくんだ

 

今も、いつも、響きつづける

ひとつ、ふたつ、繰り返される

音の中で踊る姿どこかに見えてるんだ

 

あんな風になりたいけれど、いつの日にかなりたいけれど